ストーカー対策2
 

 

 

 

 

 

 

 
2000年にストーカー規制法が施行されていますが、警察に相談しても「ストーカー行為を行われているというある程度の立証が出来ない」と動いてくれないのが現状です。

その為ストーカー被害は目に見える・聞こえるといった形のあるもので、証拠として残しておく必要があります。そんな証拠集めもご自身で掴むのも難しい上に危険が伴ってきます。一刻も早い解決のためご相談ください。

  • ストーカーとはつきまといから無言電話・盗撮まで種類は様々です。

普段の平穏な生活が、「ストーカー」という存在に脅かされ、身の危険を感じる毎日を送っている。「ストーカー」は放っておくとエスカレートしていくケースがほとんどです。1人で悩まずに、まごのて探偵事務所にご相談ください。早期に対策を行い一緒に解決していきましょう。必要に応じて身辺警護の相談にも応じています。

ストーカー対策とは

・ストーカー行為者の特定、証拠収集、通報

・セキュリティーアドバイスなどを行います

ストーカー規制法とは

ストーカー対策3

2000年11月からストーカー規制法(ストーカー行為等の規制等に関する法律)が施行されました。

この法律ではストーカー行為について以下の8項目を「つきまとい等」と定めて、規制しています。

①つきまといや待ち伏せ、進路妨害、見張り、押し掛け、付近のうろつき

②監視していると告げること

③面会や交際の要求

④乱暴な言動や行動

⑤無言電話、連続した電話,メール,FAX等

⑥汚物や動物の死体等の送付

⑦名誉を傷つける行為

⑧性的羞恥心の侵害

例えば

ストーカー対策4

・あなたを尾行したりつきまとうこと。

・外出先などで待ち伏せする。

・行き先に立ちふさがる。

・自宅や職場、学校などの付近で見張りをする。

・自宅や職場、学校などに押し掛ける。

・自宅や職場、学校などの付近をうろつく。

・あなたの行動や服装などをメールや電話で告げる。

・「あなたをいつも見ています」などと監視していることを告げる。

・あなたが帰宅した直後に「お帰りなさい」などと電話する。

・あなたがよく使うSNS上に、上記の内容などの書き込みを行う。

・面会や交際、復縁などの義務のないことをあなたに求める。

・贈り物を受け取るように要求する。

・あなたに、大声で「バカヤロー」などと怒鳴る。

・「コノヤロー」などの乱暴な内容のメールを送る

・あなたの家の前で、車のクラクションを鳴らしたりする。

・あなたに電話をかけてくるが、何も告げない。(無言電話)

・あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯や勤務先、自宅に何度も電話をかけてくる。

・あなたが拒否しているにもかかわらず、何度もメールなどを送ってくる。

・汚物や動物の死体など、あなたに不快感や嫌悪感を与えるものを自宅や勤務先などに送り付ける。

・あなたを中傷したり名誉を傷付けるような内容を告げたりメールを送るなどする。

・わいせつな写真を、メールやあなたの自宅などに送り付ける。

・電話や手紙、メールなどで卑わいな言葉を告げ恥しめようとする。

これらの行為に身に覚えがあり不安があれば迷わず頼れるところに相談してください。

ストーカー逮捕までの流れ

ストーカー対策5

まずは警告

被害者の申出により、相手に「ストーカー行為をやめなさい」と警告することができる。ただしこれには法的強制力はありません。あくまで注意喚起というところです。

次に禁止命令

警告を行っても尚、ストーカー行為をやめないと禁止命令が出される場合があります。禁止命令には法的拘束力があり、違反すると逮捕の可能性があります。

最後に逮捕

禁止命令に背いたり、警告段階でも過剰な行動がある場合は逮捕の可能性があります。

ストーカー対策の費用

費用3

ストーカー対策全般 基本料50,000円+6,000円(調査員1人)×1時間毎

アフターサポート

アフターサポート2

ストーカー行為に悩まされている方の精神不安は相当なものです。まごのて探偵事務所では調査が終了したあとも、今後の対処法などのアドバイスもさせていただいております。ご契約が終わってもご依頼者様の心のケアやご相談もお聞きしていますのでご気軽にご相談ください。

その他の調査項目はこちら

無料相談・お問い合わせ

電話で話すのはちょっと。。。という方は、まずはメールでご相談ください!